庭の季節ごとのお手入れ方法

query_builder 2023/05/29 京都 造園 樹木 手入れ

庭の手入れは、季節や気温の変化に合わせてしっかりと行うことが美しい庭を保つために必要です。春になると、木々が動き出す時期。茂る前に樹木の枝を切り、形を整えたり、葉を摘んで適度な日光と風を取り入れるためにメンテナンスをすることが大切です。 そして、秋になると落葉や枯れ草を片付け、庭に必要な土壌改良を行います。肥料を与え、長い冬に耐えるために芝生の刈り込みと剪定をしましょう。 最後に、雪が降る冬の時期には庭木や植物を休ませるために、軽く剪定して無事に春を迎えられるように準備しましょう。 庭を美しく保つために、日々の手入れが必要で、刈り込みや剪定に加え、季節ごとの手入れをしっかりと行うことが大切です。

gardener
logo
自然を感じる庭造りを京都で手がけています。唯一無二のデザインを提案し、樹木や緑を取り入れた空間を創造しています。一級造園技能士の資格を持つデザイナーが、施工からアフターケアまでサポートしています。
gardener
住所:

〒604-8832

京都府京都市中京区壬生下溝町55-25

代表直通電話番号:
090-9997-3852

春の庭のお手入れポイント

春は花が咲き、自然が目覚める季節です。庭も同様に美しさを取り戻す季節です。そこで、春の庭のお手入れポイントをご紹介します。

1. 花の手入れ

春は花が咲く季節です。花の種類によっては、春に咲くものが多いため、花の手入れは欠かせません。花の枯れた部分を摘み取り、新しい花が咲くように整えます。また、花が咲き終わった後は、茎を切り落とすなど、花の栄養を保持するための処理が必要です。

2. 草の刈り込み

春は草刈りの季節です。草が伸びる前に刈り込みを行い、芝生や庭の状態を整えます。草刈りは定期的に行うことで、草が伸びすぎたり、芝生が荒れたりするのを防ぎます。

3. 土壌の改良

春は新しい植物を植えるのに最適な季節です。そのため、土壌の改良を行い、植物が根付きやすい環境を作ります。土の肥料を入れたり、水を含みやすくするために水はけを良くするなどの方法があります。

4. 樹木の手入れ

春は樹木の成長が活発な時期です。枝や葉が伸びて、庭全体を覆いつくすことがあるため、手入れが必要です。樹木の枝を切り、形を整えたり、葉を摘んで適度な日光を取り入れるようにします。

このように、春は庭のお手入れをする上で重要な季節です。適切な手入れをすることで、美しい庭を手に入れましょう。

夏に向けた庭の準備

夏は日照時間が長く、気温が高いため、植物の成長が早く、庭のお手入れも忙しくなります。そこで、夏に向けた庭の準備をしておくことが大切です。

1.水やり

夏は水分を多く消費する季節なので、植物の水やりには注意が必要です。朝晩涼しい時間帯にたっぷりと水を与えましょう。特に花が多い場合は、幅広い面積に水を行き渡らせるために、散水栓を使うと便利です。

2.剪定

夏には新しい芽が出てきますが、茂っていると日光や風の通りが悪くなります。花の咲き方や樹形を整えたい場合は、芽が伸びる前に剪定をします。

3.肥料

夏は植物が成長するのに必要な栄養素を多く消費します。花を咲かせるためには、十分な肥料が必要です。しかし、過剰な肥料は逆に植物を傷めることがあるので、適量を与えましょう。

4.害虫・病気対策

夏は害虫や病気が発生しやすい季節でもあります。早めに発見して対策することが大切です。定期的なチェックを行い、必要な場合は専門家に相談することもおすすめです。

以上のような準備をして、夏を楽しむ庭を作りましょう。

秋に行う庭の手入れ方法

秋になると気温が下がり、木々の葉が色づき始めます。庭の手入れも、少しずつ変化していきます。


芝生や植物を覆いつくして光を遮ってしまうため、芝刈りを行う前にしっかりと掃除しましょう。

次に、芝生の手入れです。夏の間に傷んでいた芝生は、秋になって成長し始めるため、秋には刈り取りをすることで美しい芝生を維持できます。また、肥料を与えることで、必要な栄養分を補充することもできます。

そして、植物の剪定です。秋に剪定することで、植物が冬を越しやすくなります。また、剪定をすることで、庭全体の美しさを保つことができます。しかし、剪定は植物によって異なるため、専門家に相談することをおすすめします。

最後に、庭具や植木鉢の片付けです。秋になると寒くなり、庭具や植木鉢をそのまま放置しておくと、錆びたり傷んだりしてしまいます。使用した後は、必ずきちんと片付けるようにしましょう。

以上、秋の庭の手入れ方法をご紹介しました。庭の美しさを維持するために、季節ごとの手入れを怠らないようにしましょう。

冬場の庭の管理方法

寒さが厳しくなる冬場は、植物たちが厳しい環境で生きていくために、管理に気をつける必要があります。以下に冬場の庭の管理方法をご紹介いたします。

●植物の剪定:冬場は植物の成長が止まる時期ですが、その状態で剪定をすることが大切です。つる植物は枯れた部分を切り取って、春先に病気を広げたりせずに新芽を出すようにしましょう。

●落ち葉や枯れ枝の回収:秋になると色鮮やかな紅葉が見られますが、冬になるとその葉は落ちてしまいます。そのため、落ち葉を適度に拾い集めたり、枯れ枝を取り除いたりすることが必要です。これによって、景観を保つことできます。

●霜や雪に注意する:冬場は霜や雪の降りることが多く、その際には植物たちに影響を与えることがあります。霜が降りた場合は、氷点下になることが多いため、水の蒸発を抑えるために、土に藁などをかけると良いでしょう。雪が積もった場合は、植物たちが十分に光合成を行えるよう、積雪を軽くすることが必要です。

●水やりを控える:冬場は植物たちが根を休める時期であるため、水やりは控えめにしましょう。ただし、乾燥気味になると植物の冬枯れ病にかかることがありますので、土の表面が乾いたら適量の水を与えましょう。

以上が、冬場の庭の管理方法です。寒い季節であっても、適切な管理をすることで植物たちにとって良い環境を作ることができます。

庭を美しく保つためのおまけのヒント

春のお手入れ

春は草花が咲き誇る季節です。草花の鉢や鉢底穴についた塩分は、春先に雨が降ると溶け出し、土壌を酸性化させます。そこで、鉢底や鉢土を数回洗水した水に浸しながら洗いましょう。また、春芽の生えている植物は成長が早いため、肥料をたっぷりと与えましょう。


夏のお手入れ

夏は猛暑の中、植物の生育に大切な季節です。植物は乾燥しないよう十分な水を与え、蒸れないように土の表面を掻き起こし、通風を促すようにしましょう。また、春先に肥料を与えた植物は、再び肥料を与えることで元気になります。

秋のお手入れ

秋は落ち葉や枝の処理が必要な季節です。落ち葉が土の表面を覆うことで保水効果や乾燥防止になるので、適度に掃除を行いましょう。また、春先に行った鉢底や鉢土の洗浄を再度行い、土に栄養分を補給するようにしましょう。

冬のお手入れ

冬は植物が休眠する季節です。植物の寒さに弱い部分に冬囲いをすることで、寒さから守ります。また、風や雪の影響で折れやすい枝を刈り取りましょう。そして、冬は植物が休眠のため、来春に向けて堆肥を入れて肥料を与えましょう。

これらの季節ごとのお手入れ方法を守ることで、庭を美しく保つことができます。ぜひ参考にしてみてください。


庭の手入れ等の詳細はこちら


gardener
logo
自然を感じる庭造りを京都で手がけています。唯一無二のデザインを提案し、樹木や緑を取り入れた空間を創造しています。一級造園技能士の資格を持つデザイナーが、施工からアフターケアまでサポートしています。
gardener

〒604-8832

京都府京都市中京区壬生下溝町55-25

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG